猫背、まき肩をなくして姿勢をきれいにしたいです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こちらは爽快整体院のQ&Aの回答になります。全国から寄せられるご質問に対してお答えさせて頂いております。

猫背・巻き肩・姿勢・肩こり|ご相談内容

Sさん:猫背で姿勢が悪く巻き肩です。
肩や首周りのこりもひどく、ほぐしても一時的で直ぐに肩が重くなります。
呼吸も浅いのも姿勢のせいかなと思っています。
猫背と巻き肩だと姿勢が悪くて老けて見られのが嫌です。
でもピンと姿勢を正しても、きつくて直ぐに前かがみな姿勢になってしまいます。
姿勢から改善して若々しく健康的な印象になりたいです。
姿勢改善の施術をお願いしたいです。
また毎日家でもできる簡単なエクササイズも教えてください。

回答

初めまして、愛知県西尾市で整体院を営んでいます爽快整体院院長の内田と申します。

Sさんの「猫背と巻き肩・姿勢」のお悩みお察しいたします。

当院にも猫背や姿勢改善・肩こり・首こりのために、ご来院されて、改善されている患者様が多いので、ご参考になればと思い投稿させていただきました。

*猫背で姿勢が悪く巻き肩です。
肩や首周りのこりもひどく、ほぐしても一時的で直ぐに肩が重くなります。呼吸も浅いのも姿勢のせいかなと思っています。

→ 猫背の姿勢が続くことにより、肩が前に入り、首肩周辺の筋肉の緊張が続き、硬くなりやすくなります。猫背の影響で胸郭が下がり、肺を圧迫するので呼吸が浅くなってしまいます。そして体が重だるく感じられることもあります。

猫背を根本から改善させて、若々しく健康でいられるように、免疫力も上げていけるようにしたいですよね!!

ここからお伝えしていく正しい姿勢を意識する習慣を身につけることで、解決につながりますのでやってみてくださいネ☆

猫背を改善させるために、肩関節を動かす機会(運動や体操)を増やしてあげることが原因(筋肉の硬さ)を取り除くことに役立ちますので行ってみると良いと思いますよ。

お勧めな運動には肩の三段回しや肘の回旋運動があります。

肩の三段回し

1.両手を合掌をして左右の肘を肩の高さまで挙げていきます。

2.そのまま左右の肩甲骨を近づけるように、両腕を後ろに止まるところまで水平に動かします。 

3.止まったところで両腕を体の前で降ろし 、 両手でパンと手を合わせます。これをまず5回繰り返します。

お相撲さんが土俵入りの際に手を動かす姿を連想してみると分かりやすいと思います。

肘の回旋運動

1.両手の四指を肩に当てます。

2.前側にぐるぐる10回まわしていきます。

3. 次に後ろにもぐるぐる10回まわしていきます。 肩関節が全方向に動かしていけるので柔軟性が高まります。 

私自身もこの体操を習慣化していて、肩周辺のこりはずっとありませんし、正しい姿勢でも負担が無く過ごせていますよ。

何よりも2分ほどあればできてしまいますので三段回しや肘の回旋運動をしない手はありません。

また姿勢が良くなるまでは、ご自身の姿勢を姿見か上半身の映る鏡で朝、昼、晩の3回は見るように心がけてみてくださいネ!

正しい姿勢を意識してみましょう|ゴールデンライン

ここで、ずっと正しい姿勢をしていることが一番大切ではなく、もし姿勢が悪くなっていたら直していくという気づきが習慣づけられれば大丈夫です!

たまにずっと良くしていないと治らないと考えてみえる人もいますが、かえって緊張しすぎても良くないですから、気持ちを楽にして試してみてくださいネ!

正しい姿勢は直立して頂いた際にくるぶし・膝・肘・肩・耳の位置が一直線上に整っていることが大切です。

まとめ

セルフケアを行いながら姿勢に気を付けて、休日の時には気分転換の効果もあがりますので、体全体を使う運動も時々なさるようにしてみてくださいね。

セルフケアも40日間続けていれば、必ず習慣化出来ますので、頑張ってくださいね!

当院がSさんの近くにあれば、数回の施術で改善していける、道筋がはっきりすると思いますので、お住まいが愛知県であればご利用を検討してみてくださいね。

Sさんの「「猫背と巻き肩、そして姿勢」」のお悩みが改善されましたら幸いです。何かまた分からないことがございましたら、またいつでもご質問くださいね。

爽快整体院は西尾市で腰痛・頭痛・O脚・骨盤矯正・側弯症を根本改善に導きます♬

爽快整体院 院長 内田勇樹
住所:愛知県西尾市西幡豆町池下71番地7
TEL(0563)62-5585
西尾市西幡豆町の爽快整体院 】
https://soukaiseitai.arigatou-jinsei.jp
産後骨盤矯正は西尾の爽快整体院で解決します!
https://soukaiseitai.jimdofree.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする