血管のしなやかさを保っていますか!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
「血管 無料イラ…」の画像検索結果

実際の年齢よりも顔が老けて見える人は、血管の老化も進んでいると言われます。

食事は野菜やタンパク質から食べると良いでしょう。

それは体内にある様々なたんぱく質と糖が結合してできる糖化物質のAGE(タンパク質と 糖が加熱されてできた物質)が原因だとか。

例えば、肌のたんぱく質がAGEになると弾力性が失われ、たるみやしわの原因になります。

一方血管でAGEが作られると動脈硬化を引き起こします。

こういった状態を予防するには、まず糖分の取りすぎに注意しましょう!

食後の血糖値を急激に上げない工夫も必要です。例えば食事は野菜やタンパク質から食べると良いでしょう。

血管のしなやかさを保つには塩分や糖質、脂質の取りすぎに注意が必要です

血管の内側には内皮細胞と呼ばれる細胞の層でおおわれています。

この内皮細胞が血管をしなやかにする物質を分泌して血管の若さを維持しています。

ところが高血圧や糖尿病などで血管の環境が悪くなると、その物質が出にくくなり、血管の老化が始まります。

食事では緑黄色野菜などからビタミンC、E、ベータ-カロテン、ポリフェノールを取ることで活性酸素の発生を抑えて動脈硬化の予防に役立てられます。

整体は血管をしなやかにする物質を出しやすくする

整体では特に太ももの筋肉の柔軟性を高めてあげられることで、血管をしなやかにする物質を出しやすくする効果も期待できます。

血流を良くすることで普段は目に見えない血管の働きを良くしたり、肌の状態をきれいするメリットもありますよ。

あなたも整体で血管を若返らせて、健康につなげていきましょう🍀

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする