坐骨神経痛を改善に導きます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

爽快整体院は多くの患者様の坐骨神経痛を改善に導いていきます!

坐骨神経痛とは?

お尻から足の後ろ側にかけてあらわれる痛みやしびれ、麻痺などの症状のことを「坐骨神経痛」といいます。

坐骨神経痛とは、病名ではなく症状を表す言葉です。何らかの原因によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けることで生じる痛みやしびれなどの症状を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。

坐骨神経痛は、多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、お尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれが現れるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

坐骨神経ってどこにあるの?

上の図をご覧ください。坐骨神経は、腰から骨盤、お尻を通って足の指先にまで伸びている末梢神経で、ペン軸ほどの太さがある、最も太い神経です。また非常に長い神経でもあり、末梢までの長さは1m以上もあります。

坐骨神経は、太ももと足の筋肉を支配している神経で、脳からの運動指令を伝え、歩く、身体のバランスを取る、といった働きをしています。

坐骨神経痛の原因

年齢が若い場合は、「腰椎椎間板ヘルニア」と「梨状筋症候群」が多く、高齢になると、ほとんどが「腰部脊柱管狭窄」と「腰椎椎間板ヘルニア」を原因として発症します。

「腰部脊柱管狭窄症」、「腰椎椎間板ヘルニア」とも腰椎(背骨の腰の部分)に起こる異常によって坐骨神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれを引き起こします。

坐骨神経痛の症状

「坐骨神経」は、太ももと足の筋肉を支配している神経です。坐骨神経に何らかの障害が起こると、お尻や太もも、足にかけて、鋭い痛みやしびれ、ふくらはぎの張り、冷感や灼熱感、締めつけ感などの症状が現れます。代表的な場所は、お尻、太もも(大腿)の裏・すね・ふくらはぎで、一部分だけに強く感じることもあれば、足全体に強く感じる場合もあります。

次のような症状がある場合は、坐骨神経痛かもしれません。

チェックしてみましょう

□いつもお尻に痛み、しびれがある
□足が激しく痛み、少し歩くと歩けなくなる(間欠跛行)
□腰(身体)を動かすと足の痛みが激しくなる
□安静にしていても、お尻や足が激しく痛んで眠れない
□足だけではなく、腰にも痛みがある
□身体をかがめると痛くて靴下をはけない
□痛みやしびれ以外に冷感やだるさ、灼熱感(チリチリと焼けるような痛み)がある
□立っていると足が痛んできて、立っていられない
□太ももの外側や裏、ふくらはぎ、かかとなどに痛み、しびれ(ぴりぴりとした感覚)が続いている
□お尻が痛くて座っていられない
□足に力が入らなくなる
□足の裏に正座の後のようなジリジリとした不快な感覚(しびれ)がある.
□足の筋肉が左右で差が出ている.
□足の裏の皮膚が厚くなったような感覚がある   etc.

どうでしたでしょうか?

上記のような症状が1つでもある方は坐骨神経痛になられているのかもしれません。長期間続いていくと慢性の症状になり、辛い期間が長くなってしまわれることもあるため、お気づきになられたら出来るだけ早期に、整体院であれば調整を受けて、回復されることをお勧めいたします。

まとめ

腰の違和感や痛みが続いた後に、坐骨神経に沿った痛みやしびれが出る場合もあります。

整形外科ではレントゲンやMRIで腰の状態を確認することができます。その後病院ではリハビリや薬の服用が勧められると思いますが、痛みが改善されない場合、悪化させると大変なものもありますので、痛みの我慢し過ぎには、注意して下さい。

爽快整体院ではこれから同じ坐骨神経痛の痛みを繰り返さずに予防できるように、施術で腰部の柔軟性を高めて、正しい姿勢、それぞれの方に合った腹筋と背筋の鍛え方、運動の仕方、日常生活で気を付けて頂けると良い点を分かりやすくアドバイスしていきます。

坐骨神経痛などの腰痛は良くなりますので、ひとりで悩まずに、まずはご相談ください。同様の症状でお悩みの方々が、当院へ来院されて改善されています♪

th_2015821mn-341

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする