年中手が冷たくて、冬場は手のしもやけに悩まされています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こちらは爽快整体院のQ&Aの回答になります。全国から爽快整体院に寄せられるご質問に対してお答えさせて頂いております。

手の冷え|ご相談内容

Bさん:私は若い頃から手が異常に冷たく、これまで私の手に触れた相手から、手の冷たさに驚かれた経験が何度もあります。

そして、現在のネット社会において、私は日頃パソコンの使用が欠かせなくなっておりますが、マウス操作中、右手の平がとても冷たくなっていくのを感じています。
夏場は支障はありませんが、寒い冬場はマウス操作をする右手の冷え具合が激しく、毎年必ずと言っていいほど霜焼けもになりますが、ここ何年もお医者さんに通うほどにまでエスカレートしてしまっています。

そこで、まずは冬場だけでもパソコンの使用を控えたいところですが、そうとも行かず状態なので困っています。
ですので、もしパソコンのマウス使用等のあらゆる理由で、手の平が冷たくなっても、温める効果があるエクササイズや軽い動きがあれば教えていただきたいです。
即効性が有れば大変有難いです。

回答

初めまして、愛知県西尾市で整体院を営んでいます爽快整体院院長の内田と申します。

Bさんの手の冷え症のお悩みお察しいたします。

当院にも手足の冷え性や体調不良でご来院され、改善されている患者様が多いですので、ご参考になればと思い投稿させていただきました。

Bさんは、仕事以外の時間には運動はされていますでしょうか?ウォーキングであったり、自宅で足踏み運動であったりしても良いですよ。デスクワークだけだと筋肉を動かして得られる発熱量が少なくなってしまいますので、冷え性から中々脱却されにくくなられてしまいます。
年齢を重ねていく毎に、手の事だけでなく体全体の冷え性にも対処できていかれるように、日頃の運動も視野に入れてみてくださいネ♬

ここでは、自分で出来る即効性のやり方をご紹介しますね。

合谷(ごうこく)のツボ押しをして、指をこねるようにマッサージしていきます

ごうこくのツボがある場所は、親指と人差し指の骨が交わった所から、やや人差し指よりのへこんだ所です。左手の合谷をまず右手親指と人差し指を使って挟みゆっくりと息を吐きだしながら5秒間押してあげてください。その後緩めてまたゆっくりと息を吐きだしながら5秒間押してあげてください。これを左右の手の合谷に5回ずつ行っていきます。

そしたら次に左手の親指の付け根を右手の親指と人差し指を使って軽く挟んであげて、少しこねるようにして指先までマッサージをしてあげます。これを親指から小指まで5本の指に対して5回ずつ行ってあげます。これも両手に行ってあげてみてください。
そうすると手が温かくなっていくことが感じられやすくなってくれると思います。

ふくらはぎの筋肉をよく動かしてみる

筋肉量が少なかったり運動量が少ない人は、体温が低めで冷え性になりやすいです。特にBさんの現在の症状に対してもやってあげることがお勧めです。

デスクワークの方でも仕事をしながらふくらはぎの筋肉を伸縮させて足からの血行を良くすることも可能です。つま先立ち踵立ちを交互に1時間に1セット(10回)行ってみてください。この方法は簡単ですし、効果も出やすいのでお勧めです。

体全体の血流を良くしていきましょう

手の指先の血行を良くするために姿勢を良くして肩関節を動かす機会(運動や体操)を増やしてあげることも良いと思います。

また背中の筋肉や腹筋が少ない方は背中や腰に負担が蓄積されてしまいます。意識的に席を離れて身体を動かしてあげる時間も作ってみてください。

ホルモンバランスを整える

あともう一つの重要な点はホルモンバランスを整えてあげることだと思います。

ホルモンバランスは生活のリズムを整えてあげることが大切です。

22:00~2:00の間は床に就いていた方が、成長ホルモンが分泌されやすい時間です。そして1日7時間睡眠をとっている方が体調も整いやすくなりますよ。
1日に15分くらいは太陽の光を浴びてセロトニンの効果を得ていくこともお勧めです。気持ちもリラックスできるようになると思いますよ。

まとめ

当院がBさんの近くにあれば、ご利用を検討してみてくださいね。

Bさんの「手の冷え症」のお悩みが徐々に改善されますよう祈っています。何かまた分からないことがございましたら、いつでもご質問くださいね。

西尾と蒲郡の整体は爽快整体院にお任せください!
辛い腰痛・肩こり・側弯症・O脚・産後の骨盤を改善に導きます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする