股関節の痛み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こちらは爽快整体院のQ&Aの回答になります。全国から寄せられるご質問に対してお答えさせて頂いております。

股関節の痛み|ご相談内容

Mさん:ファッション関係の仕事をしています。
普段は自宅兼事務所で座ったまま作業をすることが多いのですが、
たまに取引している百貨店の店頭で立ち仕事をします。
立ちっぱなしの時間が長くなると、いつも決まって右側の股関節外側が痛くなります。
大転子あたりです。
立ちっぱなしの時に、片足に重心を載せる癖はありません。
座位の時も足組み等の癖もないです。
3年前に出産したのですが、その後からたまに感じるようになりました。
産後は、出産の影響で骨盤の位置に影響したのかなと軽く考えていてそのうち元に戻るだろうと思っていましたが、今だに痛みがたまに出ます。
中の方からズーンと重たくなるような痛みです。
病院には行ってないのですが、自宅で改善できることはありますでしょうか。

回答

初めまして、愛知県西尾市で整体院を営んでいます爽快整体院院長の内田と申します。

Mさんの「股関節痛」のお悩みお察しいたします。

当院にも辛い股関節痛の施術でご来院されて、改善している患者様も多いですので、ご参考になればと思い投稿させていただきました。

*普段は自宅兼事務所で座ったまま作業をすることが多いのですが、
たまに取引している百貨店の店頭で立ち仕事をします。
立ちっぱなしの時間が長くなると、いつも決まって右側の股関節外側が痛くなります。
大転子あたりです。

→ 普段は座ったまま作業をする時間が長いということですので、股関節の可動域が少なく、特に腸腰筋と呼ばれるインナーマッスルも硬くなりやすいことが考えられます。

そうすると大腿骨の先端にあるボールの形をした大腿骨骨頭と、骨盤側で骨頭の受け皿になる深いお椀の形をした臼蓋の間(関節の隙間)が小さくなり、接触の機会が多くなってくると周囲が痛くなりやすくなることも考えられます。

股関節の硬さはどこから来るのかと言えば、同じ姿勢を長く続けているほど硬くなりやすいということです。座りっぱなしであっても、立ちっぱなしであってもです。

なので、普段の仕事中であっても、座ったり、立ったり、体を動かす機会を増やしてあげると股関節や体全体の柔軟性を高めることになり、改善につながることと思います。

股関節は歩行をする為にとても大切な関節です。支障のある状態のままですと、加齢とともに運動機能に影響を及ぼし、将来歩行や生活が困難になる可能性もあります。なので、きちんとMさんの大切な股関節を診てあげてくださいネ!

ここからは、股関節痛のセルフケアとして家で出来るケアの方法をお伝えしていきますね。

股関節の状態を良くするには

先程もお伝えしましたが、右股関節を覆っている臀部の筋肉の柔軟性を高めて、股関節の可動域を広げられるようにすることも、痛みを減らすために大切です。

股関節の状態を良くするには
*「股関節ぐるぐるの体操」がお勧めです。

仰向けになり、脚の付け根を中心に大腿部(太もも)を時計の針のようにぐるぐる回す動作です。 これをすることで股関節の可動域が広がりやすくなります。

股関節ぐるぐるの体操(股関節を柔らかくするエクササイズ

①肩と両腕を床につけて、左膝を胸に近づける。

②足首を直角にしたまま、左膝をゆっくりと外側へ倒していく。

③ 左膝を伸ばす。この時、左脚のかかとは床につけないこと。

④ 左膝を曲げながら、右脚とクロスさせて左脚を体の右側へ持っていく。

⑤ 左膝をさらに曲げながら、右の腰に近づけていく。肩や背中が浮かないように。

⑥ 左膝をスタート位置に戻す。これで1周。これを3回行い。逆回しにも回していきます。右脚でも同様に行います。

このエクササイズによって、股関節の可動域が広がり、股関節が柔らかくなります。また骨盤周辺の歪みを整える働きもあります。

腰から臀部にかけてのストレッチ

腰から臀部にかけてのストレッチも大切です。

仰向けになった状態で、右膝を両手で抱えお腹の方へ引き寄せ5秒間維持します。

その後いったんゆるめます。このストレッチ動作を3回行います。

次に左膝も両手で抱えて同じ動作を3回繰り返します。

大腿部の筋肉を維持し、硬くなっている脚の部分をマッサージて頂くことも大切ですので、試してみてくださいね。

股関節ぐるぐるの体操をしている時に、痛みが強い時などは無理をせずに休めてあげてくださいね。その場合、お風呂上りなどのタイミングで行ってみることが良いかもしれません。

まとめ

セルフケアを行いながら姿勢に気を付けて、体全体を使う運動も時々なさるようにしてみてくださいね。

セルフケアや柔軟性を高める努力をしても痛みが変わらない場合には、整形外科で、CTなどの検査をして頂いて、股関節の状態をきちんと確認して頂くこともお勧めいたします。

Mさんの「股関節痛」が改善されますよう祈っております。また分からないことがございましたらお問い合わせくださいね。

西尾と蒲郡の整体は爽快整体院にお任せください!
辛い腰痛・肩こり・側弯症・O脚・産後の骨盤を改善に導きます♪

爽快整体院 院長 内田勇樹
住所:愛知県西尾市西幡豆町池下71番地7
TEL(0563)62-5585
西尾市西幡豆町の爽快整体院 】
https://soukaiseitai.arigatou-jinsei.jp
産後骨盤矯正は西尾の爽快整体院で解決します!
https://soukaiseitai.jimdofree.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする